BLOGELPスタッフのブログ

[新築]グリーン住宅ポイント制度

こんにちは!

今回は、新築のグリーン住宅ポイントについて書かせていただきます。

 

グリーン住宅ポイント制度とは

要件を満たす住宅の建築や購入、リフォームを行った方に商品交換や追加工事に利用できるポイントを発行する制度です。新築住宅の取得の場合(所有者が自ら居住する住宅が対象)申請は1人1回までになります。

 

対象となる住宅タイプは?

注文住宅の新築(所有者となる方が新たに発注(工事請負契約)するもの)、または新築分譲住宅の購入(売主が宅地建物取引業免許を有する者に限る)所有者となる方が購入(売買契約)する新築住宅が対象です。

※売買契約締結時点において、完成(完了検査済証の発出日)から1年以内であり、人の住居の用に供したことのないもの

 

ポイントがもらえる対象期間は?

2020年12月15日から2021年10月31日まで

上記期間内に工事請負契約または売買契約を締結したもの

 

対象住宅と発行ポイント

1.認定長期優良住宅・住宅を長期に使用するための措置(構造・設備の長寿命化、居住環境への配慮、住戸面積、維持保全記録および方法)を講じている住宅のことを指します。

2.認定低炭素建築物・建築物における生活や活動によって発生する二酸化炭素を抑制するための措置が講じられている住宅で、高い省エネ性能が求められています。(省エネ基準比10%以上)

3.性能向上計画認定住宅・省エネ基準よりも高い誘導基準(省エネ基準比10%以上)を満たしている場合において、所管行政庁の認定を受けた住宅です。省エネ設備導入時の容積率緩和等の特例をうけることができます。

4.ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)・建物の断熱性能大幅向上と、高効率設備導入等により大幅な省エネ(省エネ基準比20%以上)を実現し、太陽光発電等の創エネにより年間のエネルギー収支を正味ゼロとすることを目指した住宅です。

5.省エネ基準(断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の性能を有する住宅)・住宅の外壁や窓などの「外皮性能」と設備機器の「一次エネルギー消費量」を総合的に評価。全国を1~8地域に分類し、各地の気候条件に応じた基準値が設定されており、その基準値を下回れば「適合」となります。

※断熱等性能等級4を満たさない住宅であって、建築物省エネ法に基づく住宅の外皮性能の基準に適合するものは本制度の対象

1.2.3.4.は基本の場合400,000ポイント/戸、5.は300,000ポイント/戸

1.2.3.4.は特例の場合1,000,000ポイント/戸、5.は600,000ポイント/戸

新築住宅の取得で最大100万ポイント/戸、既存住宅の購入で最大45万ポイント/戸、賃貸住宅の新築10万ポイント/戸×総戸数がもらえます。

※2021年3月1日時点の国土交通省公表資料をもとにしています。本制度ご利用の際は、必ずグリーン住宅ポイント事務局ホームページでご確認いただきますようお願い致します。

 

使えるポイント

取得したポイントは、「新たな日常」や防災などに関連した商品への交換や一定の要件に適合する追加工事に充当することができます(1ポイント=1円相当)。賃貸住宅の新築の場合は、追加工事への充当のみとなります。

 

おうち時間を幸せに

ポイントを追加工事に充当してコロナ禍でも楽しく過ごせる空間ができたら嬉しいですね。例えば、ワークスペースの設置や家事負担軽減にスマート宅配ポストを配置するのもよさそうです。要件を満たしている方で「グリーン住宅ポイント」を発行できる方はお早めにお手続きいただき、快適ライフを送りましょう!

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。次回は、リフォームでもらえるポイントについて更新します。では、

 

相談やご質問等はお気軽にお問い合わせ下さい→http://www.elp-shirakawa.jp/contact

新築・リフォーム施工事例はこちら→http://www.elp-shirakawa.jp/works

質問やご相談は
お気軽にどうぞ!

國井 嘉乃
お問合せフォーム
前へ 一覧へ 次へ

コメントを残す

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Web限定セット

PAMPHLETパンフレット無料プレゼント

無料プレゼントはこちら