私たちが【北欧】に惹かれる訳

北欧に惹かれる人は、たくさんいらっしゃいます。

 

インテリアが好きな方や、

女性の方は特に【北欧】お好きではありませんか?

IKEA、フライングタイガーなどの北欧インテリアショップも大人気ですよね!

 

かくいう、私も【北欧】大好きで

なにかにつけ、北欧の雑貨や、北欧の雰囲気などを探してしまいます。

私の部屋には、artecのスツールが

テーブルにしたり、椅子にしたり、仕舞う時はスタッキングできてとても便利です。

スツールに置いてあるフラワーベースも、北欧のもの(HolmegaadのFROLA)だったりします。

 

なぜ、私たちは北欧に惹かれるのか

 

今まで読んできた北欧の本や、北欧についてのコラムなどから

私が解釈すれば

 

「住」に関する意識の高さが、隅々までにいきわたっているから

 

北欧の「住まい」は「ステキ」に見えるのだと思います。

 

北欧では人とのお付き合いする時も、

自宅に招いてもてなすことが日常なので

必然的にインテリアに関心が高くなるのだとか!

 

 

そして厳しい冬は、家の中での過ごす時が長くなるからこそ

家の中にいる時間を楽しめるよう

窓辺に置いたカラフルなグラスが光を反射したり

※これは私の部屋です。iittala の bird を少しずつ集めたいなとずっと思っています ※

壁に掛けられた大きな花柄のタペストリー、

木製品のシンプルで温かみのある家具を配置をして、

美しい家具が空間に、やすらぐリズムをもたらしてくれます。

 

自然を意識して快いデザインを選別し、暮らしを豊かにしていく。

マイナス20度にもなる厳しい冬も、

家の断熱性能がよく、家の中は快適で、あたたかい暮らし

暗い冬に負けないカラフルなデザインの家具。

寒い冬が来る準備をすることで、季節や暮らしを楽しむ余裕ができ、

来客をもてなす空間が生まれます。

 

北欧に住む人々は、家族や友人との日々を何よりも大切にし

 

自然に溶け込む毎日を紡ぐための礎である

 

「住まい」を大切にしているから「ステキ」に見え、心惹かれるのですね。

 

やさしくありたい、美しくありたい、その小さな心一つひとつが

デザインに、色に、そこかしこに溢れ、

シンプルであたたかな暮らしをつくっていくのですね。

 

もちろん、北欧が完ぺきということではありませんし

日本で息づいた暮らしというものも、きっと世界各国の、北欧の人々からも

憧れがあるものかもしれません。

 

住まいの性能を高め、暮らしをたのしむエッセンスを足すだけで

そう、そこに暮らすご家族が生活を楽しんでいれば

家はずっと「ステキ」になりますね。

 

私たちはその基盤となる住まいという箱を作り、

お客様がそこに個性を加えるだけ。

 

「 私の家で、FIKAしましょう!」

(FIKA(フィーカ):おやつやコーヒーの時間)

と、リビングにお客様を呼びたくなるような、家族で集いたくなるような

すてきな家をつくることを

私たちがお手伝いできたらいいなと思います。

 

エコリビング・パークしらかわでは
北欧スウェーデン製のトリプルガラスの木製サッシを使った
イージーオーダーのパッケージ住宅 「 Familju (ファミリジュ)」 をご用意しました。

 

これから、その特徴などを少しずつこちらでご案内していきますね。

いち早く知りたい方は、お問い合わせくださいませ。

(KANO)