BLOGELPスタッフのブログ

間取りPlan18

「施工後に気付く”子供がいる家庭”の不安を解消!先輩ママが提案する間取り」

.

.

.

そこ行っちゃだめ!そこは開けちゃだめ!そこに描いちゃだめ!

 

せっかく時間とお金をかけて建てた家、これから永く暮らしていく家で

怪我をしないように、家を汚さないように

毎日注意しながら生活するのは疲れますよね。

 

 

そこで、先輩ママが後に気付いた

「こうすればよかった」間取り案を3つご紹介します。

 

1.平屋建て住宅

 

新しい生活がはじまり、小さなお子様のいるご家庭でよく耳にするのが階段での怪我。

.

二階建ての家を考えると、子供の転落や怪我防止には

ベビーゲートを設置するなどして対策をされると思いますが、

小さな子供を抱えて上下動する際に足を踏み外して自分が、、、なんて事も  ;つД`)

 

 

子供の怪我は予測していたけどまさか自分が、 はあまり考えたくありませんよね

 

気を付けていても起こり得る事故ならいっそはじめから階段を無くしてしまえ!

 

.

もともと階段がなければ転倒して怪我をするリスクも減り、

ワンフロアで将来も過ごしやすく、二階建ての家に比べて地震(揺れ)や台風にも強い!

地震の多い日本で永く暮らすには平屋は最適なんです!!

 

デメリットといえば、土地面積がある程度必要になることでしょうか。

.

どちらにしようか迷っている方は、平屋にしない手はありませんよ (。-`ω-)

 

 

 

2.土間&シューズクローク

 

みなさんはベビーカーや自転車、キャリーケースなど

主に外で使うものはどこにしまっていますか?

 

よく自転車などを家の外に出しっぱなしにしている家も見られますが

錆ついたり、盗まれてしまったら悲しいですよね

.

そこでおすすめしたいのが土間&シューズクローク!

 

家の中なので錆や盗難の心配がなく、

省スペースで土間収納が実現できるので、

出し入れのしやすさや

長く使うことを考えるとあって損はないです!

 

さらに、靴もたくさんしまえるので玄関がごちゃごちゃせず、

扉で生活感を隠せるのも◎

.

土間と靴置き、どちらの割合を増やしたいか や

どのような配置、形にしたいかによっても

まったく違った家になるので、自分にあった土間収納を

相談してみて下さいね (/・ω・)/

 

 

3.ファミリークローゼット

 

家づくりを進める中で、「動線」はどのくらい大事にしたいですか?

 

乳児期のおむつや着替え、集団生活がはじまってからの毎日の準備物、

さまざまな場所にしまってあると取りに行くのも大変ですよね。

.

例えば小学生になるとランドセルや教科書を置いておく場所が必要になり、

さらに子供が自分で準備をするとなると

はじめのうちは忘れ物がないか確認しないといけなかったり、なにかと負担がふえる ( ̄д ̄)/

 

そんな時、リビングの近くにファミリークローゼットがあれば、

帰宅後すぐに鞄がしまえて家の中が散らからず、スムーズに次の日の準備や確認ができます。

.

帰宅動線が良いと片づける(しまう)習慣ができて、

上着の脱ぎっぱなし等も減るので

主婦(主夫)のストレスも軽減されますよ!!!!

 

 

 

以上、平屋・土間・ファミリークローゼットをご紹介しました。

これから建てる方、今まさに建てている方の家づくりの参考になれば幸いです

 

 

エコリビングパークしらかわ(クニヒロ・ホームテック)では

新築はもちろん、リフォームも承っております。

 

質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい (^^)/☆

資料請求もお待ちしております

 

〈 施工事例 〉も少しづつ更新中

 

 

ではまた、

質問やご相談は
お気軽にどうぞ!

お問合せフォーム
前へ 一覧へ

Web限定セット

PAMPHLETパンフレット無料プレゼント

無料プレゼントはこちら