炎のある暮らし体感してみませんか?

二十四節気の寒露を過ぎ、朝晩の寒さに秋が深まっているのを肌で感じますね。私たちの事務所の薪ストーブや、ペレットストーブもゆっくりと稼働し始めました。炎の暖かさは、他に比を取らないくらい良いですね。薪ストーブの暖かさを覚えると、他のストーブが物足りなくなってしまいます。五右衛門風呂を長年愛用する方は、給湯機で沸かすお湯のお風呂は苦手だという感覚と似ているかもしれません。

炎のゆらめく姿は、何とも言えない癒しを持っていますね。あたたかく、ぼおっと見とれてしまいます。

ペレットストーブ ソロー SS-5 展示しました!体感可能です!

先日、事務所のペレットストーブを入替しました。以前はビビットな赤のペレットストーブ「SS-2」でしたが、今度は黒でシックな「ソロー SS-5」になりました。

赤のペレットストーブ「SS-2」が壊れたわけではなかったのですが、前よりも使いやすく改良された、この黒のペレットストーブ「ソローSS-5」を展示したかったのです。その理由は、、、、

通販生活のペレットストーブ、体感ショールーム&認定施工店

この度、カタログハウスさんの雑誌「通販生活」で、ペレットストーブを取り扱うことになり、私たちが福島県の指定工事会社となり、福島県県南地区の体感ショールームとなったわけです!!ちなみにペレットストーブが掲載されている「通販生活」は本日10/10発売です。

カタログハウスさんと言えば、取り扱う商品にとてもこだわる通販会社。商品憲法なるものも存在し、【できるだけ、地球や生物に迷惑をかけない商品を販売する】【できるだけ永持ちする商品、いつでも修復できる商品を販売する】・・・などすばらしい商品憲法を掲げ、実践しています。その取扱い指定工事店に選ばれ、とても名誉なことだと思っています。

焚いてみました。今まで同様、つけ方も簡単でとってもあたたかいです!さらに、このペレットストーブは(もちろん、薪ストーブもそうですが)CO2の排出が少なく、環境にいいものなのです。

焚けば焚くほど、環境に貢献するストーブ

ペレットストーブはなぜ環境に良いのか、放置されて、建材や家具雑貨などにならない山の木材(ムダ木)を間伐して作るペレット(燃料)。間伐された山は根元まで木洩れ日が届き、元気な山に変わっていきます。山が元気になると、空気がよくなり、水がよくなり、私たちの住む環境がぐんぐんとよくなるわけです。

カタログハウス「ペレットストーブ ソローSS-5 」の体感ショールームとしてどうぞ、ペレットストーブの暖かさを感じていただければと思います。普段のメンテナンスの仕方など、事務所のペレットストーブの日常のお手入れは、ほとんど私の担当ですので、使い方やお手入れのこと、たいていのことはお答えできると思いますので、なんでも聞いてください。

炎の暖かさをぜひとも体感してほしい

赤のペレットストーブ(SS-2)は、エコリビング×タカラスタンダードショールームへ移動しました。こちらも体感可能です。

事務所では石村工業「クラフトマン薪ストーブ」、さいかい産業のペレットストーブ「ソローSS-5」、「SS-2(赤)」を設置して使用しております。自宅では、ダッチウエストの薪ストーブ「フェデラルコンベクション」を使用しています。寒くなってくるとこのからだの芯から温まる炎の暖は、たまらないものがありますね!実際に、ご自宅に採用される方も増えています。

薪ストーブでおやつタイム?

事務所ではお茶の時間に合わせて、薪ストーブで、焼き芋を作ったり、甘酒なども温めたり、冬はお腹からも温めてくれます。こんな楽しみも持っているのですよ♪

 

事前予約で、あたたかさと快適さを体感してみよう!

ぜひこの暖かさを体感しにいらしてください。少スタッフの時は急に留守にしたりすることもありますし、自宅は少し片付ける時間が欲しいので(笑) いらっしゃる時は、事前にご連絡くださいませ。メールでのやり取りの場合、ホームページの「問合せボタン」が便利ですので、ぜひご活用ください。問合せの先には、わたくしがおりますので、お気軽にご連絡いただければと思っております。